10月 3

チラシから実物大の3Dモデルが登場

アイホン様のチラシにreARPROをかざすと、実物大のインターホンが3Dで確認いただけます。

3Dで実物大を確認したら、画面をタップ。商品の説明を動画で見る事が出来ます。

チラシは、4種類、それぞれ別々の機種の3D表示と動画の説明に誘導しています。

これまで、チラシのみの平面図では表現出来なかった立体イメージ、チラシサイズ以上の実物がARを介す事により表現が出来ました。

実物大を確認した後には、その3Dをタップすると、より詳しい製品情報をその場で動画で見る事が出来ます。お客様の知りたい情報を、知りたいタイミングで出す事を試みた事例となります。

その他の弊社事例はこちらから

その他海外事例は、Facebookでも発信しております。

Be the first to post a comment.

10月 3

チラシから実物大の3Dモデルが登場

アイホン様のチラシにreARPROをかざすと、実物大のインターホンが3Dで確認いただけます。

3Dで実物大を確認したら、画面をタップ。商品の説明を動画で見る事が出来ます。

チラシは、4種類、それぞれ別々の機種の3D表示と動画の説明に誘導しています。

これまで、チラシのみの平面図では表現出来なかった立体イメージ、チラシサイズ以上の実物がARを介す事により表現が出来ました。

実物大を確認した後には、その3Dをタップすると、より詳しい製品情報をその場で動画で見る事が出来ます。お客様の知りたい情報を、知りたいタイミングで出す事を試みた事例となります。

その他の弊社事例はこちらから

その他海外事例は、Facebookでも発信しております。

Be the first to post a comment.

 ARアプリ開発参考記事(Unity+Vuforia)で何が出来る?